New!しまやカンタンword入稿 β版のメッセージ内容のご説明

New!しまやカンタンword入稿 β版でPDFを生成した際の「プリフライトレポート」において、注意メッセージが出た方はこちらをご覧ください。
メッセージの内容とともに、印刷時に予想される症状の説明をさせていただいております。
必要であればword原稿を手直し頂き、再度PDFデータの生成をお試しください。

なお、こちらのメッセージが出ている場合でも印刷が出来ないわけではありませんのでご安心ください。
そのままご入稿いただいて、弊社スタッフと対応についてご相談等々も可能ですので、何かご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

メッセージ番号 メッセージ内容 メッセージの説明
[C_001] 5ptよりも小さい文字が使用されています。 5pt以下の文字は文字のサイズが小さいことから読みづらくなってしまう恐れがあります。
(使用フォントによっても異なりますが、文章系の場合、本文中のフォントサイズは9pt以上であることが一般的です)
こちらのチェック項目が検出された場合、前述の内容をご検討の上、フォントサイズを今一度、ご確認ください。

*「ルビ(ふりがな)」として使用されている場合には上記の限りではありません。
ですが、その場合でも3pt以下のフォントはかなり小さい印象となります。
[C_002] 600dpiよりも低い解像度の画像があります。 トーンを使用されている場合「600dpi][1200dpi」以外の解像度ではモアレが起こる可能性が強くあります。
高解像度で作成された原稿がある場合や、書き出し設定の変更で調整可能な場合には原稿の差替えをおすすめいたします。

グレースケールの画像であれば画像解像度が300dpi以上であれば顕著な画像の劣化が発生することはありません。
(ただし、600dpiで作られた画像と比較した際には、若干、印刷が粗めに見えることがあります)

*600dpi以上で原稿を作成されているにもかかわらずこのメッセージが表示された場合には、ご入稿後にスタッフが詳細を確認いたしますので、お手数をおかけしますが、その旨をお伝えいただけますと幸いです。
[C_003] 300dpiよりも低い解像度の画像があります。 解像度が300dpi未満の画像使用箇所は「印刷が粗くなってしまう」「トーンを使用箇所にモアレが発生」といった症状がでる恐れがあります。
もし600dpi等の高解像度で作成された原稿がある場合や、書き出し設定の変更で調整可能な場合には原稿の差替えをおすすめいたします。

*300dpi以上で原稿を作成されているにもかかわらずこのメッセージが表示された場合には、ご入稿後にスタッフが詳細を確認いたしますので、お手数をおかけしますが、その旨をお伝えいただけますと幸いです。
[C_004] 150dpiよりも低い解像度の画像があります。 解像度が150dpi未満の画像使用箇所は「印刷がかなり粗くなってしまう」「トーンを使用箇所にモアレが発生」といった症状がでる恐れがあります。
特に72dpi以下の解像度となっている個所は文字として読めなくなってしまう恐れもあります。
もし600dpi等の高解像度で作成された原稿がある場合や、書き出し設定の変更で調整可能な場合には原稿の差替えをおすすめいたします。

*150dpi以上で原稿を作成されているにもかかわらずこのメッセージが表示された場合には、ご入稿後にスタッフが詳細を確認いたしますので、お手数をおかけしますが、その旨をお伝えいただけますと幸いです。
[C_005] 0.3ptよりも細い線があります。 0.3ptよりも細い線は印刷時にかすれが発生してしまう恐れがあります。
線のかすれが起きて欲しくない箇所においては0.3pt以上の線幅にしていただけますと安心です。

*word等で使用できる「B(ボルド)」機能を使用されている場合にもこちらの項目が検出される場合があります。
(これは「B(ボルド)」機能は、文字の周りに細線を付けることで疑似的に文字を太くしているためです)そのため、ボルド機能によってチェック項目として検出されている場合、線のかすれは起きませんが、逆に疑似的な太字であることから使用されるフォントによっては、文字が潰れて見える恐れがあります。
[C_006] 黒100%ではないテキストがあります。 本文中の文字等が黒100%ではなく、グレーの状態となっていますと文字にアミがかかり、綺麗な印刷とならない恐れがあります。
こちらのチェック項目が検出された場合、意図的にグレーにしたい箇所でない場合には文字色の調整をおすすめいたします。

※web上で書かれたテキストを選択してwordにはりつけますと、意図せず文字がグレーとなってしまうことがあります。
(ご自身で調整が難しい場合には弊社で対応可能な事もありますのでご入稿時などにその旨をお申し付けください)

見出し部分などフォントサイズが大きい箇所の場合には、あまり大きな影響はありません。
[C_007] PDF文書が奇数になっていますが、宜しいでしょうか? 本の印刷時には、1枚の用紙に両面(2頁分)の印刷を行います。そのため、総ページ数は偶数である必要があります。
(印刷を行わない場合にも白紙頁等を挿入の上、偶数となるよう調整をお願いしております)こちらのチェック項目が検出された場合には、総ページ数が偶数であるかをご確認ください。

※複数ファイルをご入稿の場合には、総ページ数が偶数であれば問題ありません。例えば「3-19.pdf」「20-24.pdf」のファイルとなっている場合、一つ一つのファイルは奇数のため、こちらのアナウンスが出ますが、総ページ数が偶数となりますので問題ありません。
[C_008] フォントが正常に埋め込まれていないものがあります。 ご使用されているフォントがPDFに埋め込まれていない場合、作業が進められない場合があります。
しかしながら、フォントの中には稀に埋め込みが出来ないものも存在しますので、お客様の元で対応が頂くことが難しい場合もあります。
こちらのチェック項目が検出された場合、ひとまずそのままご入稿いただいて大丈夫です。
ご入稿後に、弊社で作業が可能かどうかを検証を行い、対応策をご相談させていただきます。

*検証の結果、そのままでは作業が難しい際には、恐れ入りますが、フォントの変更等のご相談をさせていただく場合もございます。
予めご理解の程、お願い申し上げます。
[C_009] フルカラーで作成されている箇所をグレースケールに変換しました。 本ソフトではフルカラーで作成されている個所を自動でグレースケールへの変換を行っています。
変換結果にご想定と大きな齟齬がないかご確認願います。

*一例ですが、グレー変換することで、フルカラーでは表現出来ていた色の差が表現出来なくなってしまう恐れがあります。
(例えば「真っ黒」と「濃い青」を重ねて着色していた時、フルカラーではハッキリ差が分かりますが、グレースケールでは、どちらも濃いグレーとなり、違いが出なくなってしまう恐れがあります)

*wordはカラーモードがRGBしかないことから、黒で作っている文字部分もフルカラーとして変換が行われることがあります。
word上で黒を選択している限り、自動で「黒100%」として変換されますのでご安心ください。